TwentyFifteenを独自テンプレートにカスタマイズする方法

シンプルなWordPressのテンプレートを探していたところ、意外と「TwentyFifteen」が良さそうだったのでカスタマイズしてみました。

0. ファイル構成

TwentyFourteenに比べるとファイルも少なくなっているので良いですね。

ちゃんと見てないですが、style.css内のメディアクエリもブレークポイントが少なくなっているようでカスタマイズしやすそうです。

content*.phpといったファイルは、WordPressループなどを含むコンテンツの表示用のファイル。

また、inc/以下のファイルはfunctions.phpで読み込まれるカスタマイズ用のファイルです。

404.php 404 テンプレート
archive.php アーカイブ
author-bio.php 著者情報
comments.php コメント
content-link.php リンクポストフォーマット用
content-none.php コンテンツがない時用
content-page.php 固定ページ用
content-search.php 検索結果
content.php メインとなるコンテンツ表示
footer.php フッター
functions.php テーマのための関数
header.php ヘッダー
image.php 画像添付テンプレート
inc/back-compat.php WordPress4.1未満用
inc/custom-header.php カスタムヘッダー用
inc/customizer.php テーマカスタマイザー
inc/template-tags.php テンプレートタグ
index.php メインインデックスのテンプレート
page.php 固定ページテンプレート
search.php 検索結果
sidebar.php サイドバー
single.php 単一記事の投稿
style.css スタイルシート
rtl.css RTL スタイルシート

2. functions.phpから不要なコードを消す

WordPress4.1未満用の互換性確保のために back-compat.php を読み込む部分。
今回は不要なので削除。

/**
 * Twenty Fifteen only works in WordPress 4.1 or later.
 */
if ( version_compare( $GLOBALS['wp_version'], '4.1-alpha', '<' ) ) {
  require get_template_directory() . '/inc/back-compat.php';
}

twentyfifteen_setup()内の不要な設定を削除。

言語ファイルの設定。一部英語化してしまうけれど、あとで修正するので削除。

/*
* Make theme available for translation.
* Translations can be filed in the /languages/ directory.
* If you're building a theme based on twentyfifteen, use a find and replace
* to change 'twentyfifteen' to the name of your theme in all the template files
*/
load_theme_textdomain( 'twentyfifteen', get_template_directory() . '/languages' );

ポストフォーマットの登録。使わない人は削除。

/*
 * Enable support for Post Formats.
 *
 * See: https://codex.wordpress.org/Post_Formats
 */
add_theme_support( 'post-formats', array(
  'aside', 'image', 'video', 'quote', 'link', 'gallery', 'status', 'audio', 'chat'
) );

テーマを管理画面からカスタマイズする用(カスタムヘッダーなど)不要なので削除。

$color_scheme  = twentyfifteen_get_color_scheme();
$default_color = trim( $color_scheme[0], '#' );

// Setup the WordPress core custom background feature.
add_theme_support( 'custom-background', apply_filters( 'twentyfifteen_custom_background_args', array(
  'default-color'      => $default_color,
  'default-attachment' => 'fixed',
) ) );

custom-header.php、customizer.phpは不要なので削除。

/**
 * Implement the Custom Header feature.
 *
 * @since Twenty Fifteen 1.0
 */
require get_template_directory() . '/inc/custom-header.php';

/**
 * Customizer additions.
 *
 * @since Twenty Fifteen 1.0
 */
require get_template_directory() . '/inc/customizer.php';

3. 不要なファイルを消す

functions.phpを編集した後に、下記のファイルを削除。

rtl.css
back-compat.php
custom-header.php
customizer.php
content-link.php

4. カスタマイズ

To be Updated...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。