初心者がvimをカスタマイズしてプラグインを導入するまで

vimをアップデート

vimのバージョンが古くて一部のプラグインが使えなかったので、新しいバージョンのvimをインストールします。
ついでにneocompleteなどで使うので、Luaも有効化しておきます。

$ yum -y install mercurial
$ yum -y install ncurses-devel
$ cd /usr/local/src
$ hg clone https://vim.googlecode.com/hg/ vim
$ cd /usr/local/src/vim
$ ./configure --enable-multibyte --with-features=huge --disable-selinux --prefix=/usr/local --enable-luainterp=dynamic --enable-rubyinterp --enable-fail-if-missing --with-lua-prefix=/usr
$ make
$ make install

そのあとに、シンボリックリンクを貼るか.bashrcにaliasを設定します。

$ vi ~/.bashrc

以下のaliasを追記。vimまたはviで新しくインストールしたvimが起動します。

alias vi='/usr/local/bin/vim'
alias vim='/usr/local/bin/vim'
alias vimrc='vi /usr/local/share/vim/vimrc'

.bashrcに追記した内容を反映させます。

$ bash

ミニマムの設定をvimrcに追加

設定ファイルvimrcの場所を確認します。

$ vim --version

すると、vimのバージョンなどと一緒に設定ファイルの場所が以下のように表示されます。

システム vimrc: "/$VIM/vimrc"
ユーザ vimrc: "$HOME/.vimrc"

$VIMなどはvim上で:echo $VIMで確認できます。

とりあえず、下記を調べた設定ファイルvimrcに追加します。

set number
set title
set ambiwidth=double
set tabstop=4
set expandtab
set shiftwidth=4
set smartindent
set list
set listchars=tab:»-,trail:-,eol:↲,extends:»,precedes:«,nbsp:%
set nrformats-=octal
set hidden
set history=50
set virtualedit=block
set whichwrap=b,s,[,],<,>
set backspace=indent,eol,start
set wildmenu
syntax on

カラースキームを設定

次にカラースキームを設定します。今回は人気のmolokaiを設定します。
*colorsディレクトリの場所は環境に合わせて確認してください

$ cd /usr/local/share/vim/vim74/colors
$ git clone https://github.com/tomasr/molokai

colorschemeをvimrcに追加。

colorscheme molokai

NeoBundleを追加

次にvimプラグインを追加します。プラグインの管理にはNeoBundleを使います。

$ git clone https://github.com/Shougo/neobundle.vim ~/.vim/bundle/neobundle.vim
$ git clone https://github.com/Shougo/vimproc ~/.vim/bundle/vimproc
$ vi /etc/vimrc

vimrcに以下を追加

if has('vim_starting')
   set runtimepath+=~/.vim/bundle/neobundle.vim
   call neobundle#begin(expand('~/.vim/bundle/'))
       NeoBundleFetch 'Shougo/neobundle.vim'
       NeoBundle 'Shougo/vimproc'
       NeoBundle 'VimClojure'
       NeoBundle 'Shougo/vimshell'
       NeoBundle 'Shougo/unite.vim'
       NeoBundle 'Shougo/neocomplcache'
       NeoBundle 'Shougo/neosnippet'
       NeoBundle 'jpalardy/vim-slime'
       NeoBundle 'scrooloose/syntastic'
       NeoBundle 'scrooloose/nerdtree'
       call neobundle#end()
endif
NeoBundleCheck

filetype off
filetype plugin indent on
filetype indent on

vimrcを保存してからvimを再起動。NeoBundleCheckを設定しているので、起動時にインストールしていないプラグインをインストールか聞かれます。

NeoBundleCheckを設定しない場合は、vimのコマンドラインで:NeoBundleInstallとすることで指定したプラグインをインストールできます。

NeoBundleコマンド

:NeoBundleInstall プラグインのインストール
:NeoBundleList プラグインのリスト
:NeoBundleClean プラグインを削除
:NeoBundleUpdate プラグインのアップデート

そのほか、キーバインドに関してなどはまたの機会に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。