[rsub] リモートサーバーのファイルをSublime Textで開く方法

タイトルのままリモートサーバーのファイルをSublime Textで開く方法です。

sftpやsshfsを使ってリモートサーバーとローカルを同期させる方法もあるようですが、

・ファイル同期を待ちたくない
・ローカルにファイルがいっぱいになるのが嫌だ

ということでよりお手軽なrsubを選んでみました。

1.Sublime Text2の側の設定

以下の手順でrsubのパッケージを追加します。

  1. SublimeTextを開く
  2. Command Palettを開く(CMD + Shift + P)
  3. 「Package Control: Install Package」を選択
  4. 「rsub」を選択してインストール

2.リモートサーバー側の設定

リモートサーバーにログインしたら、rsubをインストールします。

$ sudo wget -O /usr/local/bin/rsub https://raw.github.com/aurora/rmate/master/rmate
$ sudo chmod +x /usr/local/bin/rsub

3.ローカルでsshのconfigを設定

ここで一旦、ローカルに戻りsshのconfigを設定します。

$ vi ~/.ssh/config

以下の2行をconfigに追加して保存。

Host example.com
  RemoteForward 52698 localhost:52698

これで上手くいくはず(?)だったのですが、リモートサーバーでrsubしてもエラーがでてしまいました。

$rsub sample.txt
  /usr/local/bin/rsub: connect: 接続を拒否されました
  /usr/local/bin/rsub: line 321: /dev/tcp/localhost/52698: 接続を拒否されました
  Unable to connect to TextMate on localhost:52698

なので、configを以下のように変更します。

Host example.com
  User example_user
  HostName 123.45.67.890
  Port 22
  RemoteForward 52698 localhost:52698

保存してローカルからリモートサーバーにssh接続をします。

$ ssh example.com

リモートサーバーからrsubでファイルを開いてみます。

$ rsub sample.txt

これで無事にSublime Textでファイルを開くことができました。
開いたファイルはSublime Text上で保存すればリモートサーバーでも反映されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。