さくらのレンタルサーバーにSSH接続とファイル転送してみる

実は、「さくらのレンタルサーバー」にはSSH接続ができるんです。ファイル転送するのもいいですが、ターミナルを使いたい場合もありますよね。

「さくらのVPS」にSSH接続するのとは、少し違うの注意が必要です。

さくらのレンタルサーバーにSSH接続してみる

FTPサーバ名     : sample-account.sakura.ne.jp
FTPアカウント   : sample-account
FTP初期フォルダ : www
サーバパスワード: samplepassword

契約時にメールで送られてきたサーバ名、アカウント(FTPアカウントと同一)とサーバパスワードを使ってSSH接続してみます。

別に難しいことはなく、「ssh アカウント@サーバ名」で接続できます。

ただし、レンタルサーバーなのでroot接続ができないという点には注意です。

$ssh sample-account@sample-account.sakura.ne.jp
	The authenticity of host 'sample-account.sakura.ne.jp (11.222.33.44)' can't be established.
	RSA key fingerprint is dd:86:2e:b3:ee:0e:79:b1:7f:ae:86:85:b6:f9:5b:04.

	Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
	Warning: Permanently added 'sample-account.sakura.ne.jp' (RSA) to the list of known hosts.

	sample-account@sample-account.sakura.ne.jp's password: 
	
	Last login: Fri Apr 25 16:37:17 2014 from kd124213.ppp-bb.dion.ne.jp
	FreeBSD 9.1-RELEASE-p9 (SAKURA16) #0: Wed Jan  8 21:05:11 JST 2014

	Welcome to FreeBSD!
$ exit

秘密鍵と公開鍵をローカルで作成

次に公開鍵と秘密鍵を作り、レンタルサーバーに転送します。

これをすることで、ssh接続時にパスワードを入力しなくて済むようになります。

$ cd ~/.ssh
$ ssh-keygen
// id_rsaとid_rsa.pubができていることを確認
$ ls
  id_rsa id_rsa.pub
// レンタルサーバーに転送する
// この時、id_rsa.pubを/home/sample-account/.sshにauthorized_keys2とリネームして転送
$ scp id_rsa.pub sample-account@sample-account.sakura.ne.jp:/home/sample-account/.ssh/authorized_keys2
// ssh接続してみる
ssh sample-account@sample-account.sakura.ne.jp

sshのconfigファイルを編集

次にsshのconfigファイルを編集して、さらに楽にssh接続できるようにします。

vi ~/.ssh/config

以下の内容を書き加えます。Hostの部分は任意の文字なので、sampleとしてもOKです。

Host sample-acount
  User sample-acount
  HostName sample-acount.sakura.ne.jp
  Port 22
  IdentityFile ~/.ssh/id_rsa

上書き保存したら「ssh [設定したHOST名]」で接続できます。

ssh sample-account

今回はこれで接続できれば完了です。

さくらのレンタルサーバーにファイル転送する

さっき使ったscpコマンドを使って、ファイル転送をします。ひとつずつファイル転送するのは面倒なので、ディレクトリごと回帰的に転送してしまいましょう。

sudo scp -i ~/ssh/id_rsa -r [転送元] [アカウント名]@[ホスト名]:[転送先]

というコマンドになります。

今回は、WordPressのwpex-prontoというテーマを転送することにします。

$ sudo scp -i ~/.ssh/id_rsa -r ~/vagrant/wordpress/wordpress/wp-content/themes/wpex-pronto sample-account@sample-account.sakura.ne.jp:/home/sample-account/www/wp/wp-content/themes

これで転送が完了です。

あとは、bashrcなどにエイリアスや関数を設定すればさらに便利になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。